趣味の自作模型飛行機

のんびりと自作模型飛行機で楽しんでいます

マイクロヘリでオートローテーションできず

今朝、マイクロへりでオートロ練習しようと、飛行(1回目)しているときに、回転が上がらなくなった
原因はギヤとワンウエイベアリングとのかみ合わせがゆるい(甘過ぎ)ためだった

ここに瞬間接着剤を流し込み正常に飛行できるようなはなったのだが・・・


モーターオフにするとすぐに回転が落ちてしまい、オートロ練習出来ません!!!
914heli1.jpg

ローター径が25cmの、この大きさでは無理なようです・・・・・

450へりでのオートローテーションはできるか?をネットで検索してみました

確かに巧い人はできています・・・・・出来ないことは無いようです
(しかし皆さん降下スピードが速く、むずかいとのコメント有り)
色々な人の動画をみても、やはり降下スピードが速いです・・・450ヘリでも「オートロ」むずかしそうです
スポンサーサイト
  1. 2017/09/14(木) 16:48:46|
  2. へり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オートローテーションの練習を始めます

墜落も一段落してきた?ようなのでオートローテーションの練習始めます
オートローテーションができたら少しはダメージを減らせるような気がして・・・・

450ヘリで始めたのですが、難しい・・・・・・のでこのマイクロヘリ(Assault100)でやろうと思い部品入手
912otoro0.jpg


Blade mcpX BL用のXtreme製オートローテーションギヤセットのメインシャフトを加工して使います
メインシャフトの上部7mmカット、上部から5mmの所に1.0mm穴を開ければ使用できます
左がシャフト加工後、右は純正金属シャフト
912otoro1.jpg

左がオートローテーションギヤ分解した物、右は今使っている自作カーボンノーマルシャフトとギヤ
912otoro2.jpg

組み立てたオートローテーションギヤ
912otoro3.jpg

そしてメインシャフトごと交換し、組み立て
912otoro4.jpg

少し(ほんの少し、気持ちほど)ギヤが大きいのでモーター取付位置をずらしました
(モーター取付用の穴は少し大きいのでネジを緩め移動できます)

この機体ならオートロで失敗してもダメージはまったく無いと思います・・・3Dでの墜落でもほとんどダメージ無しなので・・・
安心して練習できそうです
  1. 2017/09/12(火) 13:36:32|
  2. へり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スケールヘリ・・・エアーウルフ

Fさんのスケールへり「エアーウルフ」です・・・格好良いですね!
飛んでいる勇姿をみてみたいですが、まだ飛ばさないようです
830エアーウルフ

830エアーウルフ1

いつかは私も「スケールヘリ」飛ばしてみたいですね・・・ヘリを始めた頃からずっと思ってはいるのですが・・・
私の場合はすぐにバラバラになるでしょうが!!!
  1. 2017/08/30(水) 18:03:41|
  2. へり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マイクロヘリASSAULT100(機体はHCP-100Sと同じ)、$49.23

現在HCP-100Sが市場に無いのに、ASSULT100(中身はHCP-100Sと同じ!)がホビキンでアダプタ付きで$49.23とほぼ半額だったのでポチッた
しかし、アダプタは私の「futabaT10CHP」では飛行できません???、昨年の1機目も同様でした・・・
なぜか解りません・・・スロットルがリニアに動作しません?、なのでホバリングができません!!!、サーボは全て正常動作なのに・・・
結局、1機目と同様に「DSM2のサテライト受信機」を積んで飛行してます


上が純正のASSULT100(スキッドは自作に換装済み)、下は自作ボデーのHCP-100S
821ASSAULT100-2.jpg

純正キャノピ(上)では飛ばせそうにないので自作ボデーに換装しました(下)
821ASSAULT100-3.jpg

昨日、NHC飛行場で初飛行しましたが、今飛ばしているHCP-100Sの最初の頃のパワフル飛行で癖も無く、全く問題なし・・・すばらしい3D性能です
昨年から飛ばしているHCP-100Sはかなりパワーダウンし、少し癖が有りますが問題無く飛行してます
  1. 2017/08/21(月) 20:37:29|
  2. へり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5月23日am、NHC飛行場にてへりローター実験

9時から11時まで450ヘリのハンチング調査・・・
天気良く、風はまあまあ有りだが飛行には問題なし、初夏のような暖かさで汗が出た

以前からHK450ヘリとGT450へりどちらもハンチング現象有り
高回転での「3D」では全く問題ないが・・・高回転で直線飛行する時にハンチングが起きる、特に向かい風の時・・・横揺れのよう

今まで、色々部品交換してみたが改善しなかった、Kbarジャイロ、スワッシュプレート、サーボ、メインマストベアリング、ワンウエイベアリング、テール駆動ベアリング、ロータヘッド部等等・・・ほとんど

今回メインロータのバランスを慎重に取り、交換実験してみた
グラス3セット、ハードウッド3セット、カーボン1セット



グラス、ハードウッドの6セットはどれも駄目・・・カーボンだけはハンチングが出ない

そしてカーボンの場合は、Kbarジャイロ感度を50%にしてもハンチングは出ないが
グラス、ハードウッドの場合はジャイロ感度を25%まで下げでもハンチングは残ってしまう
やはりカーボンでないとだめなようです・・・グラス、ハードウッドは「3D」専用の練習用にします

良かったのはこのカーボンメインロータです
Tarot 450 Parts Carbon Fiber Blade 325MM TL1158-13 1セット、1310円
悪かったのはこのグラスロータとハードウッドロータ
GARTT 450 RC Helicopter Parts Glass Fiber 325MM Main Blade 1セット、516円 と格安
450 Main Blades 325mm Super Double Hardwood RC Helicopter Parts 1セット、396円 とこれも格安
  1. 2017/05/23(火) 16:42:09|
  2. へり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ