趣味の自作模型飛行機

のんびりと自作模型飛行機で楽しんでいます

初めての「I2C」でデータ転送

これまで図面左側の回路(PIC16F887)だけで送信プログラム+LCD表示(ボタン押したときだけ)をしていた。
510tx3.jpg

しかしプログラムメモリも99%になって、まだプログラムが必要になったのとLCD表示をリアルタイムにしたいので・・・別のPICでLCD表示だけをさせることにした。
(これまでpic1個の時はLCD表示させると送信がとぎれていた)

今回、回路右のPIC16F886を追加しI2C通信でデータ転送しLCD表示だけをさせる事にした
こんな感じでリアルタイムで表示でき、電波もとぎれなくなった。


510tx2.jpg

プログラム
TX887_4L_3sel.txtこれと
886i2c_2.txtこれ

I2C通信は結構手こずった・・・データ数が増えると・・・データ受け渡しでミスがでるときがあった
データ数はこれが限度のようだ。

I2C送信側
TX887i2cこれ
I2C受信側
886i2c.txtこれ

スポンサーサイト
  1. 2014/05/12(月) 20:45:36|
  2. 自作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やっと元に戻った・・・右足 | ホーム | 5月4日、角田山歩き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sumi3005.blog.fc2.com/tb.php/163-80b0e97e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)