YAK54-3D-EPP改造機試験飛行

14日角田山歩きの帰り16時頃から四ツ興野飛行場にて
2セル850mAと3セル1300mAで比較飛行しました。



2セル850mAでは9×5DDペラで全備370g、3セル1300mAでは8×4DDペラで全備430g
やはり全備370gの方が低速飛行、トルクロールは安定しています・・・こちらの方がファンフライらしく好きですね!

主翼の穴あけ加工が見えましたか?
主翼の穴あけ加工で10g程度軽量化してま~す。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback