Blade nano CPXメインモーター換装でパワーアップ?

nanoCPXは純正別売りのブラシレスモーターとアンプを使っていたが、3Dをするにはパワー不足で・・・
ピニオンギヤを7Tから8Tにしたが・・・あまり変わらず・・・
しかも少し起動し難かったらアンプから煙りが出てFETが焼けてしまった!!!

しかたなく、モーターとアンプを載せ替えた

アウトロータモーターを搭載するにはこれしか方法が見つかりませんでした・・・内部には絶対に入らない!!!
530cpx1.jpg
1mm厚アルミを加工し、取付板を作りそれにモーターを下から取り付けた
530cpx2.jpg
左が純正モーター4.8gとアンプ0.8g、右が今回換装したモーター6.5gとアンプ1.9gどちらもワルケラ製でmcpXで使っていた物
530cpx3.jpg
最初右のモーター(3g)に交換したがあまりパワー上がらず
530cpx4.jpg

部屋でのホバリングではパワーアップしたように感じるが???まだ広い所で飛行していない・・・
ホバリングは純正150mAリポ搭載で2分ほどできるが、3Dするにはやはり300mAリポ搭載しないと無理なようです

飛行重量は150mAリポ搭載で38.5g、300mAリポ搭載で42.5gになる


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback