飛ばなくなったBlade nanoCPX・・・K110の基板を搭載し復活?続き

昨日NHC飛行場で復活したnanoCPXを飛行したのですが・・・背面にできず・・・

再度今日、体育館で飛行実験しましたが、やはり背面にできません
K-CPX.jpg
先日はアンプは別ものを使用していたので、今日はK110の純正を乗せたのですが、同じです・・・

普通に飛行します、ピルエット(3Gモードでも安定しています)も正常にします

しかしエレベータ(エルロンも同じ)を大きく切り、背面に入れようとすると、6Gモードのような姿勢制御(堪えているように)??しているようかのように反転しません、それと機体が暴れ、テール制御もおかしくなります・・・なぜか解りません・・・
背面にしなければ安定して飛行するのに???

K110は相変わらずテール制御が安定しているので3Dをやっても安心して飛行できます!・・・素直にステック操作どうりに動きます
2回硬い床に衝突しましたが、EPPボデーが切れ、メインギヤが抜けましたがそれ以外は無傷です・・・丈夫です
後はどのくらい(期間)までこのまま安定して飛べるか?耐久性(Bladeも何回かの墜落で基板の何かが壊れるようです)を見たいですね!
テールモータの消耗が一番早そう・・・と予想していますが・・・

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback