さんざんな日・・・でも良い事も

昨日pm新潟ヘリクラブ飛行場にて飛行しましたが・・・
左NT-250
ピルフリ後の体制復帰できず・・・墜落・・・メインローターの回転不足だったようで?・・・でもそれでもやはり操縦ミスですね!
右TREC-250
ピルフリ後名ローターが左右に分離?・・・墜落・・・スピンドルシャフトのネジが緩み、はずれたようです?
やはりこれも整備不良人的ミスですね!
簡単に3Dをやってくれるようなヘリですが各部にかなり負担がかかっているようです、十分な整備が必要です!
後から思うと何かおきる時は少しですが、違和感があるようです・・・今回も少し違和感があったのです・・・


K120
3回の墜落でリンケージが切れた・・・墜落は操縦ミスです、未熟なので仕方ないですね!!!
228-k120.jpg

良かった事
前重心の為、スロー飛行時の操縦が難しかった「25エンジンファンフライ機」の大改造後、初飛行しましたが、かなり素直に飛行できるようになりました

長さ1000mmだったのですが、200mm長くし重心を5cmほど後ろに移動しました・・・全長1200mm
寸胴短でしたが、かなりスマートになりました(胴はEPPの1枚(900mm)で作っていたので900mm+尾翼長でした)
228fan.jpg

メインギヤの構造変更(2mmピアノ線)
以前は後ろ支えが無かったので、弱くてすぐに後ろへ曲がってしまい巧くランデング出来ませんでした
今回後ろ支えを追加したのでかなりのハードランデングしても大丈夫になりました
228fan3.jpg

尾そりは2mmピアノ線だったので「土」の飛行場のラン時に沈み込んでラダーが効かなかった
今回0.5mm厚塩ビ板に変更したので、めり込まずラダーが効くようになりました
228fan4.jpg

排気管の延長
200mmほどカーボンパイプを追加しました
以前は1回で右主翼と右尾翼にべっとりとオイルが付着していましたが、今回3フライト後もほとんど付着していませんで、アルコールも使用せず簡単に掃除できました
228fan5.jpg

移動は3分割です
228fan2.jpg
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback