2.4G送信機完成

ジョイステック、スイッチ回りのパターンをカットし、配線
1030tx1.jpg
CPU基板に部品取り付けし、配線
1030tx2.jpg
信号プログラムを書き込んだCPU(PIC16F887)を取り付け
1030tx3.jpg

完成・・・機能は・・・

4チャンネル(ダミーで6ch出力)
7機メモリ
オフセット(2ch、4chのみ)
リバース(1ch、2ch、4ch)
ディアルレート(100,75,50%)
電池電圧5.5vで警報音(電池4本仕様)
(LCDでデータ表示ができる・・・が表示しながらの飛行はできません・・・表示時間が長いので!)
1030tx4.jpg

1,2chデータ表示
1030tx5.jpg

3,4chデータ表示
1030tx6.jpg

追記
回路図、プログラムはここ
スポンサーサイト

Comment

いつもながら、スミさんの開発力に驚きます。そしてその速さ!私なんぞ、ZHコネクタをバッテリに半田つけするのに、ヒーヒー言ってます。
話は変わりますがFrskyの2.4Gシステムが気になってます。
イニシャルコストはフタバ用のモジュールと受信機で4,000円台。受信機単体も1,500円前後
(安!)
実は2gの受信機が使いたいがために導入を検討してます。安いし
取扱店も増えてるようですが、フタバのFASSTみたいに後開発のシステムと互換性がないようでは困るし・・・。

  • スミ
  • URL

2.4Gシステムは各社バラバラで統一性がありません!!
そのメーカーの同じ形式の受信機だけしか使えないと思っていた方が良いです。
私はすでに3社の2.4G送信機、受信機を使っています。

そうですかー。どこのを使っても将来どうなるかはわからん、て事ですかね。(T ^ T)
使われているのは、例の超小型受信機の以外はどこのですか?

Leave a Reply










Trackback