自作miniSAL1機目完成

飛行重量71.5g(120mA1セルリポ搭載時)で完成。
スパン860mm、レングス700mm
309mini1.jpg

コピーしたのは上の乗せた「やまめ工房製」?のminiSAl(スパン700mm)
309mini2.jpg

構造、リンケージは前作のマイクロSALと同じで1号PEラインの片引き
309mini3.jpg

主翼取り付け部は長さを90mmから110mmに広げカーボンスパーをダブルにし、PEラインでパイプと固定し補強、テールパイプは6φ~7.5φ×1050mmのテーパパイルの細い方から650mm使用。
309mini4.jpg

サーボは1.9gデジタルサーボ(トルク170g)写真上、下はマイクロSALで1.7gサーボ(トルク75g)
309mini5.jpg

尾翼形状、大きさは良く解らないので「やまめ工房製」をそっくりコピーしたが、軽量化の為1mm厚バルサを使用
309mini6.jpg

これで思いっきり力一杯なげられる・・・はず?

スパン700mmの主翼なら全備60g位のminiSALが出来そう!
(主翼脱着式は良いですね)


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply










Trackback